代表挨拶


代表取締役 藤本和支子‘株式会社 生活支援センター・ひまわり’は、ますます高齢社会へと移行する現状で、高齢者・障害者が自然な状況の中で健やかに、そして住み慣れた地域で日常生活を過ごすことが大切だと考え、その一端を担えるように努力しております。

すべての人々は順番に老いを経験し、そのために日常生活において何らかの不便を感じるのは事実です。
その時、誰かの支援が必要となります。 その支援は暖かい心のこもった専門性のある、信頼性の高い支援が求められます。

当社では、そのニーズに応えることができるように、併設する近畿介護学園において、介護のプロを養成しその修了生がホームペルパーとして、介護支援専門員、訪問看護婦と共に介護保険事業の中で、利用者の方々の日常生活が安全で、安心して自立を目指して豊かに地域で過ごすことが出来ることを目標に努力と研鑚を重ねております。

代表取締役 藤本和支子